神奈川県重症心身障害児(者)を守る会

神奈川県重症心身障害児(者)を守る会公式HPです。

神奈川支部 : 谷口 久美




未分類

津久井やまゆり園事件発生から5年経ち「命の尊厳は本人以外決定できるものではない」ことを改めて考えたい 相談役 中村紀夫

早いもので事件から5年が経とうとしている。

私が事件の一報を知ったのは、忘れもしない2016年7月26日早朝5時ごろ、県・守る会50周年記念誌の編集作業をしていた時、ふと手にしたスマホに「相模原の施設に暴漢侵入、19名が心肺停止」と速報されていたニュースを見てである。

それからの2週間ほどは、会としての声明文を出したり、やまゆり園を献花に訪れたり、記者会見で「障害者の命を守る」ことをアピールしたり、あわただしく過ぎたが、そうしている間にも、日々明らかにされる事件の異様さ、残虐さに打ちのめされたのを昨日のことのように覚えている。

1.事件が、19人の殺人事件、26人の傷害事件であることを忘れてはならない

犯人植松聖は、入所者に一人一人話しかけ、意思疎通が難しいと思われた被害者を一人について何度も何度もナイフを刺して殺していったという。無抵抗な人を刃物で殺す、命を落とした19人の他に26人にも切りつけ重い怪我を負わせている。こうして書くこともおぞましい。植松がなぜ犯行を犯したのか、さまざまな解釈を言う人がいる。

馬鹿なことに、哲学者ニーチェの思想に近いという学者だの、講演会で植松の事を「さん」付けで心理分析してみせる心理学者もいる(偶々その講演会を聴いた守る会会員の一人は、あまりの事に途中気持ちが悪くなって退席したそうだが)。

植松は美醜に敏感として、彼が描いた絵を一面記事に掲載した新聞さえある。犯人についてどのような解釈をしようと勝手だが、犯した犯行の残忍さ、非人間性から目を背けてはならない。言うまでもなく殺された方たちは、障害者である前に「人間」なのだ。

19人の被害者を障害者というくくり方にすることによって、無抵抗の「人間」ひとりひとりを19回殺したという非道性から少しでも目をそらさせることがあれば、私たちはそれを許してはならない。

2.犯人が死刑という結審で事件は終わったか

「汝殺すなかれ」が人の守るべき最後の倫理とする考えから死刑廃止論を言う方もいるが、今回の事件では、終身刑がない以上死刑判決以外あり得ない。本当は、終身拘束(終身刑)の中で罪と向き合ってもらう方が、本人にとってより厳しい罰とも思うのだが。

犯人に罪と向き合ってもらいたいと思うと同時に、私たちもこの事件から逃げてはいけない。特に、事件から得た教訓をこれからに生かさなければ、犠牲になった方々も浮かばれない。事件が起きた遠因を振り返る時に、果たして当時の津久井やまゆり園が健全に運営されていたのか改めて検証することも必要だろう。

犯人植松が障害者に対し否定的な考えを持つに至った一つの要因として、園の雰囲気に問題は無かったのだろうか。ここまでひどいことが起きる前に、ちょっとした虐待行為とか、スタッフと入所者、あるいはスタッフ同士の間のトラブルは無かったのか。スタッフと園全体が、明るく前向きな風土を保てていれば、植松のような異分子を生み出すことも無かったかもしれないと思うのは楽観的過ぎるだろうか。

事件のあまりの悲惨さに、私たちはついつい植松の特異性にばかり目が行くが、5年経った今、現場となった園の風土が当時どうだったかを検証することが、これからの有益な策に繋がると考える。また、私たちの立場でできることで言えば、家族会はうまく機能していたのか、家族が入所者の生活に関心を持っていたか、可能な限り面会など時間をさくようにしていたかなども改めて問う必要がある。

この事件を裁判の結審で終わらせることなく、何故事件が起きてしまったのかを再度検証し、その反省に立ってこれからの障害者の療育環境改善に取り組んでいくことが、亡くなられた方々へのせめてもの手向けになるだろう。

3.この5年間を振り返って

事件が起きた当初と裁判が行われている間は、世間の耳目を集めたが、特にこの1年半は新型コロナ禍もあり、世間の話題としては遠のいたようにも思える。

その中にあって、この7月4日には完全に新しく立て直された園の開所式があり、8月1日には希望者が入所する。また7月20日には犠牲者の追悼式典が開かれ、そこで慰霊塔「鎮魂のモニュメント」が披露されるという。行政、特に神奈川県がこの5年間本当によく事件後のフォローをしてくださった一つの結実点ともいえるだろう。

関係者の皆さまに改めて感謝したい。

私たち守る会としては、当初の声明文発表や記者会見などを通じて社会に訴える活動を行ったほか、昨年地元紙に掲載された犯人を持ち上げるかのような記事に対し厳重抗議をするなど重い障害者に対する理解を訴え続ける活動をしてきたが、先ほど述べた事件からの教訓を生かす活動は必ずしも十分とは言えない。

先ずは、コロナ禍のため満足に会合も開けなかった家族会の再建、守る会活動を通じて重心施設の療育環境改善など身近なことから取り組んでいきたい。

感謝の手紙 ソレイユ川崎家族会

コロナ禍の折、ソレイユ川崎家族会より施設職員の皆様に向けた感謝の手紙をここで紹介したいと思います。

職員の皆様は日々心身共に大変な思いをしながらお仕事をされているかと思いますが、家族会としては感謝の気持ちで一杯ですし、これらのメッセージを読んで、少しでも職員の皆様の励みになって頂けると幸いです。

本当に本当にありがとうございます。

またこのようなメッセージを当会では紹介したいと思います。皆様、楽しみにしていて下さいね。

津久井やまゆり事件の結審に思う 中村紀夫

私たち、県・守る会として津久井やまゆり園事件の発生直後に声明を出し、その後は、献花や県主催の式典に参加したり、記者会見を開いたりして事態の推移を注視してまいりました。

今年3月16日の被告植松聖にたいする死刑判決で、一つの区切りを迎えたことになります。

結審した今、何を考えるか、個人的な感想も交え書いてみたいと思います。

(私たちが、裁判を見守る中で考えたことは、最新の会報=2020.3.1発行に論点整理という形で掲載してありますので、このHPの会報欄でぜひお読みください)

被害者および障害を持つ当事者の立場からの視点は、充分であったか

新聞やTVでは多くの識者が登場、事件や被告についていろいろな論評をしました。

その多くは、というより大半は、植松被告の言っていることや、特異な人物を何とか理解しようとするコメントだったように思います。

私たちが抗議書を送った神奈川新聞では東大教授の名前を借りて、被告の考えが「ニーチェこそ近い」とまで解説して見せました。

犯行後、犯人が拘置所で読んだ漫画本で初めて知ったニーチェと結びつける意味がどこにあるのでしょう。

犯人と面会した作家辺見庸氏は、その後のインタビューで犯人のことを「さとくん」(植松の名前は聖=さとし)とまで呼んだ上、私たちが彼と同じような過ちを犯しうると気づくべきだと言っています。

私が、被害者であったら、あるいはその家族であったら、絶対に彼のことを「さとくん」とは呼ばないでしょう。また普通の人間であったら、相手が障害者だからという理由で殺人を犯さないでしょう。まして19名をやです。少なくとも辺見氏の言う「私たち」に、「私」を含めてほしくないものです。

以上の例は、極端な例かもしれませんが、私が強い違和感を持つのは、そこに被害者や、もしかしたら被害にあったのが自分だったかもと恐怖感におびえる障害者に対する視点が全く欠落していることです。

また、裁判でなぜこの事件が起きたのかが明らかにされなかったとして、裁判を批判する論者もいます。もちろんこのような事件を起こさないための原因究明が満足に行われたかという議論はあってもよいと思いますが、裁判批判論者の多くは、死刑反対の立場からと、植松の犯行動機解明が不十分だったという理由によるものです。

また彼には生き続けて、彼の主張が本当に正しかったのか本人に向き合ってもらいたかったと言う人もいます。

終身刑のない日本で、たとえ無期懲役でも10~15年で釈放されてしまう現実を踏まえたらとても現実的な提案とは思えません。

今でも英雄気取りでいる犯人に、これから先、何年も「重度障害者に基本的人権はない」と主張させ、それを得意げに(例え批判的な観点からであっても)解説して見せる識者、あるいはそれを取り上げる報道に、重い障害を持つ人はおびえ続けなければいけないのかと思ってしまうのです。

事件が再び起きないようにするには

犯人植松聖の犯行の理由は、結局のところ「恰好良くなりたかったから」ということのようです。

また、ネット上で無責任な言辞をはく連中の中には、「彼はでかいことをした」と彼を認めるような輩がいます。

今回のような事は、老人福祉施設でも、路上無差別殺傷事件でも起きています。

彼のやったこと、50人近い人間一人一人を刃物で何度も何度も刺して殺したり、傷つけたりするということがどれほどひどいことなのか、また、彼のレベルまで下げていえば、彼のやったことがどれほど格好悪いことなのか、彼が今どのくらい無様なのかを、事実として伝えることこそが、そのような付和雷同者を生まない最大の策になるのではないのでしょうか。

障害者に対する差別が今回の事件を生んだと、言う人がいます。

広く言えばそういうこともあるかもしれませんが、たとえ差別意識をもっている人でも、その相手を刃物で刺すことはしません。今回の事件は、障害を持つ方を怖がらせたのです。そして結審した今でも、その方たちの恐怖感は消えていません。

絶対にあってはならない事件なのです。

そのことを肝に銘じて、再び起こさないためにはどうすればよいのか、被害者および、もしかしたら自分も彼の殺戮対象なのかもしれないとおびえる重い障害を持つ方の目線を忘れずに、社会として、また、たまたま重心を家族に持つ私たちも当事者の一員として、真剣に考えていかなければならないでしょう。

つくしんぼ祭り2019 相模原療育園保護者会 中鉢啓子

9月7日(土)に相模原療育園では毎年恒例のつくしんぼ祭りが行われました。今年も数多くのお店が出店し、太鼓やウクレレの演奏を楽しみながら、地域の方との交流を深めました。

ヨーヨー売り場での様子

出店での様子

今年から秋開催になり、職員、関係者の皆様方には色々お手数おかけしましたが、無事に楽しく終えることができました。子供達だけでなく地域の方にもとても喜んでいただき、本当に良いお祭りでした。保護者会一同、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

つくしんぼ祭り 相模原療育園保護者会 中鉢啓子

4月29日に相模原療育園で行われたつくしんぼ祭り(バザー)の様子です。今年も地域の方と一緒に年に一度のお祭りを楽しみました。

焼きそばを準備している様子

入所している方も楽しく参加

 今年は暑くもなく寒くもなく、天候に恵まれました。昨年から療育園主催で行っておりますが、保護者も一緒に参加してお祭りを盛り上げています。準備等で色々大変だと思いますが、職員の皆様、地域の皆様には保護者会一同心から感謝しております。ありがとうございます。

神奈川新聞に掲載されました。当会事務局

10月22日付の神奈川新聞に「神奈川県守る会創設50周年記念式典・記念講演会」の記事が掲載されました。

50

また、横浜市営地下鉄車内電光掲示板にもテロップ(字幕)で流れたようで、私達の活動がこのような形で広く知れ渡ったことをとても嬉しく思います。ありがとうございました。

津久井やまゆり園での事件に関する記事 当会事務局

連日マスコミの報道で「津久井やまゆり園」での事件について取り挙げられていますが。弊会でもテレビや新聞社等から取材を受け、コメントを発表しています。

NHK  NEWS  2016年7月29日(金曜日)

やまゆり1

伊藤 「この種の施設において介護にあたっていただく職員さんの存在には、親以上のものがあります。親も子も、職員には絶大の信頼を抱いております。

やまゆり1-1共同記者会見記者会見の様子

また、障害児者、特に重心の子たちはいたずらをしますが、人を恨んだり、騙したり、裏切るようなことは全くしません。心の底から純真で、まるで天使のような存在です。そうした人たちが、職員さんから刃を向けられた時の驚き、恐ろしさ、絶望感には、想像を絶するものがあります。怖かったでしょう、痛かったでしょう、悲しかったでしょう。本当にいたたまれない思いでいっぱいです。」

 

朝日新聞 2016年7月30日(土曜日) 8月3日(水曜日)

やまゆり2

読売新聞 平成28年8月2日(火曜日)

やまゆり3

神奈川新聞 平成28年8月4日(木曜日)

やまゆり4

毎日新聞 平成28年8月9日(火曜日)

やまゆり5

東京新聞 平成28年8月9日(火曜日)

やまゆり6

産経新聞 平成28年8月26日(金曜日)

%e7%94%a3%e7%b5%8c

朝日新聞 平成28年8月27日(土曜日)

%e6%9c%9d%e6%97%a5

尚、当会では、トップページに「津久井やまゆり園の事件に対する声明文」を発表しております。ぜひご一読いただき、ご遺族の方に対しては、心からのご冥福とお悔やみを申し上げるとともに、負傷された方の一日も早いご回復を、心よりお祈りいたします。

あんしんノート(ハンディー版)を作っています。 アドバイザー渡部和哉(社会福祉士)

handytype1

当会では現在、外出時に軽くて持ち運びに便利なあんしんノート(ハンディ版)を製作しています。ハンディー版はB5サイズで、施設入所者、在宅者両方で使えるあんしんノートで考えています。先日、プロのS様に表紙を依頼し、イメージ通りの素晴らしい物を作っていただきました。お忙しい所、本当にありがとうございました。

プロジェクトチーム一同、表紙に負けないよう頑張って製作したいと思います。皆さん楽しみに待っていて下さいね。

 

恒例 つくしんぼ祭り 相模原療育園保護者会 中鉢啓子

bazar10

去る4月29日金曜日、相模原療育園隣接地において、毎年恒例のつくしんぼ祭り(バザー)が行われました。今年も数多くのお店が出店し、おおにぎわいでした。

bazar9bazar12

bazar11
毎年地元自治会の皆様、職員の皆様、本当にありがとうございます。今年から相模原療育園主催になりましたが、今後も保護者会一同、子ども達や地域に住む皆様の笑顔のために一所懸命頑張りたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。