神奈川県重症心身障害児(者)を守る会

神奈川県重症心身障害児(者)を守る会公式HPです。

神奈川支部 : 伊藤 光子




第48回(平成26年度)総会・学習会 アドバイザー 渡部和哉(社会福祉士)

第48回(平成26年度)総会・学習会 アドバイザー 渡部和哉(社会福祉士)

20140510_100750

 去る5月10日(土)に、第48回総会が開かれ、平成25年度の活動報告および会計報告、 平成26年度の役員選出、活動計画、予算などが議決されました。

今年も来賓として、以下の方々がご出席されました。お忙しい所、誠にありがとうございました。

神奈川県保健福祉局福祉部障害指導課課長 中元春一様

横浜市こども青少年局こども福祉保健部障害児福祉保健局課長 佐藤裕子様

川崎市市民・こども局こども本部こども支援部こども福祉課課長 北谷尚也様

川崎市健康福祉局障害保健福祉部障害計画課係長 竹原秀和様

相模原市健康福祉局福祉部障害政策課課長 河崎利之様

全国重症心身障害児(者)を守る会関東・甲信越ブロック副ブロック長 雨宮孝久様

埼玉県重症心身障害児(者)を守る会副会長 中下妙子様

特定非営利法人地域ケアさぽーと研究所理事 下川和洋様

特定非営利法人フュージョンコムかながわ・県肢体不自由児協会理事長 山田章弘様

 また午後の学習会では中邑賢龍先生の「重い障害のある人とのコミュニケーション」 の講演があり、守る会の会員のみならず、特別支援学校の先生や、多くの施設職員が先生の ご講演を興味深く聞いていました。

中邑賢龍先生の紹介

P1010464伊藤光子会長が「東大の教授ということを忘れるさせるくらい気さくで良い先生」と紹介  「講演を聞いて一発でファンになった」と冒頭で説明する。

中邑賢龍先生

P1010466

「私は常識が無いだけ…」と謙遜する中邑先生 。ユーモアをたっぷり交えながら語られる先生に、会場にいた参加者はすぐに先生の虜になっていました。(笑)

重い障害者とのコミュニケーションのポイントについて

P1010465相手の意思を正しく読み取るためには、テクニックとテクノロジーの二つの技術を高める必要があると中邑先生は力説する。

講演中は常識を覆すような発言を連発

P1010469とにかく講義内容が斬新で面白い。「障害者は弱い立場ではなく、今は明るく楽しく自信を持って生きていく時代である」と目を輝かせながら熱く語る先生の姿に、参加者は全員感動していました。私も先生の講演を聞いて、目から鱗が落ちる思いをしましたし、障害児者に対する 思い・考え方が進化した気がしました。

 中邑先生、大変貴重なご講演をありがとうございました。 またお会いできる日を楽しみにしています。  

« »