神奈川県重症心身障害児(者)を守る会

神奈川県重症心身障害児(者)を守る会公式HPです。

神奈川支部 : 伊藤 光子




2016年

神奈川新聞に掲載されました。当会事務局

10月22日付の神奈川新聞に「神奈川県守る会創設50周年記念式典・記念講演会」の記事が掲載されました。

50

また、横浜市営地下鉄車内電光掲示板にもテロップ(字幕)で流れたようで、私達の活動がこのような形で広く知れ渡ったことをとても嬉しく思います。ありがとうございました。

津久井やまゆり園での事件に関する記事 当会事務局

連日マスコミの報道で「津久井やまゆり園」での事件について取り挙げられていますが。弊会でもテレビや新聞社等から取材を受け、コメントを発表しています。

NHK  NEWS  2016年7月29日(金曜日)

やまゆり1

伊藤 「この種の施設において介護にあたっていただく職員さんの存在には、親以上のものがあります。親も子も、職員には絶大の信頼を抱いております。

やまゆり1-1共同記者会見記者会見の様子

また、障害児者、特に重心の子たちはいたずらをしますが、人を恨んだり、騙したり、裏切るようなことは全くしません。心の底から純真で、まるで天使のような存在です。そうした人たちが、職員さんから刃を向けられた時の驚き、恐ろしさ、絶望感には、想像を絶するものがあります。怖かったでしょう、痛かったでしょう、悲しかったでしょう。本当にいたたまれない思いでいっぱいです。」

 

朝日新聞 2016年7月30日(土曜日) 8月3日(水曜日)

やまゆり2

読売新聞 平成28年8月2日(火曜日)

やまゆり3

神奈川新聞 平成28年8月4日(木曜日)

やまゆり4

毎日新聞 平成28年8月9日(火曜日)

やまゆり5

東京新聞 平成28年8月9日(火曜日)

やまゆり6

産経新聞 平成28年8月26日(金曜日)

%e7%94%a3%e7%b5%8c

朝日新聞 平成28年8月27日(土曜日)

%e6%9c%9d%e6%97%a5

尚、当会では、トップページに「津久井やまゆり園の事件に対する声明文」を発表しております。ぜひご一読いただき、ご遺族の方に対しては、心からのご冥福とお悔やみを申し上げるとともに、負傷された方の一日も早いご回復を、心よりお祈りいたします。

あんしんノート(ハンディー版)を作っています。 アドバイザー渡部和哉(社会福祉士)

handytype1

当会では現在、外出時に軽くて持ち運びに便利なあんしんノート(ハンディ版)を製作しています。ハンディー版はB5サイズで、施設入所者、在宅者両方で使えるあんしんノートで考えています。先日、プロのS様に表紙を依頼し、イメージ通りの素晴らしい物を作っていただきました。お忙しい所、本当にありがとうございました。

プロジェクトチーム一同、表紙に負けないよう頑張って製作したいと思います。皆さん楽しみに待っていて下さいね。

 

恒例 つくしんぼ祭り 相模原療育園保護者会 中鉢啓子

bazar10

去る4月29日金曜日、相模原療育園隣接地において、毎年恒例のつくしんぼ祭り(バザー)が行われました。今年も数多くのお店が出店し、おおにぎわいでした。

bazar9bazar12

bazar11
毎年地元自治会の皆様、職員の皆様、本当にありがとうございます。今年から相模原療育園主催になりましたが、今後も保護者会一同、子ども達や地域に住む皆様の笑顔のために一所懸命頑張りたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。

 

両親の集い(2016年1月号)に掲載されました。 当会事務局


Ryousin

 

両親の集い(1月号)にあんしんノートに関する記事が掲載されました。

当会伊藤光子会長とアドヴァイザーの渡部和哉氏が、あんしんノート作成に関する経緯や思い等を書き綴っています。

※下記をクリックして下さい。(PDFファイル)

重症児(者)のための「私の記録・あんしんノート」在宅編の取り組み 伊藤光子

重症児(者)のための「私の記録・あんしんノート」の作成に携わって 渡部和哉

皆様是非、ご覧になって下さい。